F1的仕事論③

角田 裕毅 2018年10月、スイスのアンドレアス・イェンツァーのもとへ連絡が入る。「君のためにドライバーを用意した」「ユウキのシートはあるかい?」電話はレッドブルF1の、ヘルムート・マルコ氏からだった。 そして本当に小続きを読む “F1的仕事論③”

F1マニアックス①

今回はフォロワーさんのカッコいいモデルカーの写真に触発されて、完全に個人的な趣味のF1観戦とモデルカーの話です。 1990年の初めころから、地上波(フジTV)では毎レース見ていたのですが、初めての現地観戦は1998年の日続きを読む “F1マニアックス①”

弱肉強食だよ

今回は、先日友人との会話の中で出た話題を掘り下げて考えてみました。 持続化給付金対象外で関西のデリヘル業者が国を提訴 「性風俗業は職業です」経営者の女性が国を訴える理由 性風俗経営者による「セックスワーカーの安全を守るた続きを読む “弱肉強食だよ”

戦士であるべき

サラリーマンであれ、政治家であれ、あらゆる分野の最前線で闘う男達にとって、職場とは戦場のようなものに思えるはずだ。 私も家の玄関を一歩でたら、そこは戦場なんだという感覚になる。玄関を出る時から、家に帰り着くまでは気を抜け続きを読む “戦士であるべき”

全米へ殴り込み

中学生プロレーサーの樹潤(14歳)2021年、戦いの舞台をアメリカへ移しました。 2020年はデンマークでの「F4 デニッシュ チャンピオンシップ」に初参戦。いきなりデビュー・ウインを果たし、すべての公式予選でポールポジ続きを読む “全米へ殴り込み”

人間の本質

先日、ABCテレビ(アメリカン・ブロードキャスティング・カンパニー)のドキュメンタリー番組で、非常に興味深いことをやっていた。 交通量の路上調査を行うといって人を雇い、その仕事ぶりをこっそり観察するというものです。 一人続きを読む “人間の本質”

F1的仕事論②

F1ドライバーのルイス・ハミルトンは、昨年のシーズン中「新型コロナウイルスの影響で世界中の多くの人々が失業し、食事にも困り飢えている。このような状況でお金の話をするのは気分が良くない」とコメントし、自身の2021年契約交続きを読む “F1的仕事論②”

やられたらやり返せ

人間のシニシズムとは、個人間の利害が原動力となり、それは相手の裏切りによって高められるもの。 1989年 鈴鹿 タイトル争いで優位に立っていたのはプロストだ。残りの二戦でセナが一度でもリタイアすれば自動的に栄冠が転がり込続きを読む “やられたらやり返せ”

F1的仕事論①

新年そうそう衝撃的なニュースです。 ブラジル人モデルのケリー・ピケ(32歳)さんのInstagramの投稿を見ていたら、彼女のとなりにいい雰囲気で寄り添ってるのは、レッドブルF1のマックス・フェルスタッペンではないですか続きを読む “F1的仕事論①”

初夢をディスる

新年おめでとうございます。本年も辛口で、斜め後ろからの視点での投稿を心掛けていきます。男子求人ブログにもかかわらず、頻繁にコースアウトし、タイヤバリアに激突したような内容ばかりです。社長のご寛恕と、読者の方々のご厚意に感続きを読む “初夢をディスる”

WordPress.com でサイトを作成
始めてみよう