FW16タバコ再現

前回のF1マニアックス②で書きました、「タバコロゴがない不完全さ」これを何とかしたい。

タバコロゴを入れたいのだが、外部に制作依頼を出すと私には手が出せないほどの額になります。ならば自分で「完璧にするしかない!」

現在、うちにあるモデルカーでタバコロゴが無いクルマが、フェラーリ4台、マクラーレンが2台、ウイリアムズとB.A.Rが1台づつの計8台ありました。これらのクルマをタバコ仕様にしてしまおうというプロジェクト。

1台目は1994年型、ウイリアムズFW16 ONYX製 1/43

ホイールの黄色い部分に貼るO.Z Racing(シートの右下)の細かさ、、、もはや肉眼で文字の判別は不可能です。これ必要なのか?

セナは当時、この「ウィリアムズFW16」を以下のように評価していました。

この車の運転にはとてもネガティブな感触がある。限界までコーナーを攻める時も、そのほかの時もだ。だから快適に自信を持って走れた周回は一周もなかった。

車に乗っている時は違和感があって、なにもかもが間違っているように感じる。この車には独特な特性があって、まだそれに対する確信を持つことができない。

1994年サンマリノグランプリ

土曜日の予選、ラッツェンバーガーの事故の後、アイルトンは取り乱しシド・ワトキンスの肩で泣いていた。ワトキンスは、翌日の決勝レースを欠場するようセナを説得しようとしていた。

「君は既に3度も世界チャンピオンになり、間違いなく一番速いドライバーだ。もうやめにして、釣りにでも行こう」と。

しかしセナは「シド、僕らにはどうしようもないことがある。僕はやめることは出来ない。続けなければならないんだ。」

それは決勝レース7周目、タンブレロでの出来事でした。

「彼は穏やかな表情をしていた。私たちはコックピットから彼を引き上げ、地面に寝かせたときに彼はため息をついた。その瞬間に彼の魂が旅立ったのだと感じた。」と、ワトキンスは後に語りました。

リアウイング翼端板の角と、エンジンカウルの一部(ヘルメットの後ろ辺り)のペイントが剝がれていたので、ホワイトで修正。出来のほうは初回としてはこんなものか。

何度か挑戦したものの、ホイールのO.Z Racingとヘルメット中央のロスマンズロゴは、細かすぎて断念。

アイルトン・セナが最後にドライブしたマシン、FW16を再現してみました。

JEM

投稿者: 【公式】秘書の品格-クラブアッシュヴァリエ-

大阪日本橋にある『秘書の品格-クラブアッシュヴァリエ-』です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com でサイトを作成
始めてみよう
<span>%d</span>人のブロガーが「いいね」をつけました。