李生ワールドへ

里中李生(さとなか りしょう)という作家をご存知でしょうか。里中氏は三重県出身の作家で、写真家、競馬ジャーナリストでもあります。 里中氏は「時代に迎合しない男の極意」「一流の男、二流の男」「成功者は逆に考える」「孤独が男続きを読む “李生ワールドへ”

異文化を同期する

レッドブルF1首脳、角田裕毅の2021年F1デビューを事実上認める レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコ氏は、「スクーデリア・アルファタウリはガスリーのチームメイトとして“非常に若いドラ続きを読む “異文化を同期する”

ネガティブなの?

先週25日、F1ポルトガルGPでハミルトンがついにシューマッハのF1最多優勝記録91勝を抜き、歴代単独最多となる92勝目を挙げましたね。 現在F1ドライバー最強のハミルトン、強靭な精神力の持ち主ですが、レース中チームとの続きを読む “ネガティブなの?”

空気力学の鬼才

鈴鹿のS字コーナーを駆け抜けるF1マシンを、現地で観たことはありますか?初めて見ると「何故そんな速度で曲がれるの?」と誰もが必ず思います。通常ではあり得ない速さ。その理由はエアロダイナミクスによる、強烈なダウンフォースの続きを読む “空気力学の鬼才”

メッセージ

私は絵画が好きで、よく休日に一人でふらっと美術館に行ったりします。美術館って雰囲気いいですよね。作品そのものの美しさに惹かれるのは勿論ですが、作品からの息づかいや、画家からのメッセージを感じたり。何よりも作品が生まれた時続きを読む “メッセージ”

何と深い教訓を

国の為重きつとめを果し得で、矢弾尽き果て散るぞ悲しき 栗林忠道の辞世です。アメリカの周到で圧倒的な兵力を相手に、当初五日で落ちると言われた硫黄島を三六日間も守り続けた日本軍。そして総指揮官として、先を見据えた発想力と緻密続きを読む “何と深い教訓を”

涙のあとには

2021年、ひとつの歴史が幕を降ろしますね いやいや、2021年度をもってHONDAのF1参戦終了の衝撃的なニュース、とてもショックで涙が止まりません。 F1はHONDAにとって、大切なDNAの1つだったのですからね。私続きを読む “涙のあとには”

WordPress.com でサイトを作成
始めてみよう