ルーツを辿る

「昔のことを忘れるな。覚えていて子供たちに伝えるのだ。ここで生まれた黒人たちは根なし草だ。アフリカ人でもなく、ましてや白人でもない。まるで故郷を持たぬ新しい部族のようだ。故郷を知らないから自分すら分からないんだ」 アフリ続きを読む “ルーツを辿る”

何と深い教訓を

国の為重きつとめを果し得で、矢弾尽き果て散るぞ悲しき 栗林忠道の辞世です。アメリカの周到で圧倒的な兵力を相手に、当初五日で落ちると言われた硫黄島を三六日間も守り続けた日本軍。そして総指揮官として、先を見据えた発想力と緻密続きを読む “何と深い教訓を”

WordPress.com でサイトを作成
始めてみよう